篠原まみ(看護師)」タグアーカイブ

目標の実現を支えていきたい


訪問看護師になるのは学生時代からの目標

学生時代、在宅看護の実習で出会った訪問看護師は、脊損の利用者さんに「いつかトイレで排泄できるようになる」という目標を掲げてケアに取り組んでおられました。それを見た私は、1人の人に長くかかわり、共に遠い先の目標を追い続ける看護に魅せられ「いつかは訪問看護をしたい」と思うようになりました。
新卒では訪問看護は務まらないと思い、卒後は病院に就職しましたが、5年の経験を経たのち、憧れの訪問看護にチャレンジしました。訪問看護を始めてからは、待ってくれている利用者さんがいること、そして私を頼りにしてくれることに喜びを感じる毎日でした。

子育てをしながら再びチャレンジ

仕事は楽しくやりがいを感じてはいたのですが、出産を機に、家庭に入って子育てに専念することになりました。そして子育ても少し落ち着いてきたので、短い時間で、家族に負担がかからない範囲で仕事を再開しようと決意。ななーるの看護をホームページで見て、利用者さんの精神面へのケアを重視していることに共感し、ここならじっくり利用者さんと向き合えるのではないかと期待し「ここで訪問看護に再びチャレンジしたい」と思いました。
ななーるで働き始めて感じるのは、ゆったり利用者さんとかかわれる環境をつくられているので、あくせくせずに看護できるということです。

家族を巻き込み、みんなで目標に向かいたい

高齢の方々は、自分で目標を見つけることが難しいものですが、訪問看護が介入することで、自ら希望を口にできるサポートが出来たらうれしいと思います。病院から退院されるときに「こんな風に生活したい」という目標を見つけ、家族を巻き込んでその実現を目指す看護がしたいです。
また、家族へのケアも訪問看護には重要なので、家族看護も勉強したい分野です。とはいえ、今はまだ子育てに追われてゆっくり勉強する時間は作れないのが現実ですが、仕事をしながら経験を重ね、学んでいきたいと思います。

篠原まみ(看護師)