被災された方々にお見舞い申し上げます

九州地方で大きな地震があり、被害にあわれたみなさま方には、心よりお見舞い申し上げます。

たくさんの方々が被害にあわれた映像を見るたび胸が痛みます。1次的な被害以上に、今後は2次的に様々な被害が予想されます。

DMATの一員として、迅速に現地入りした看護師たちの活躍、また今後の被害や困窮を予測して対応にいそしむ看護職を目にするたび、私たちも何か力になりたいと思うばかりです。

しかし、微力な当ステーションとしては、現地に直接手を差し伸べることは難しく、心を寄せながら、今、目の前の利用者さんへの看護に勤しむとともに、あらゆる災害に備え、もしもの時は訪問看護ステーションとして、疾病や障がいを持ちながら暮らす地域住民のみなさまに対して、迅速にご支援する準備を整えることが使命だと考えております。

それと同時に、今後は、遠くからでも現地を支える行動を、模索したいと思います。

さいごになりましたが、このたびの震災で犠牲になって命を落とした方々のご冥福をお祈りいたします。