スタッフの力を実感することが増えてきました

最近大忙しの毎日

_DSF4674猛暑もやっとひと段落。自転車を走らせていると、すがすがしい風と赤とんぼに出会いました。夏も終わりを迎えようとしています。
ななーるは開設して6か月目を迎えています。多くの先輩から「半年したら軌道に乗ってくる」とアドバイスをいただいていましたが、その言葉の通り、最近ケアマネさんからの相談が増えてきて大忙しの毎日です。
いくら忙しくなっても、スタッフたちが日々の看護を流すことなく、丁寧に、その人にとってベストな看護を考えて提供できる心の余裕を提供するのが私の仕事。そのために、ななーるの看護に共感し、仲間になってくれる看護師を探している毎日です。

見学に来てくれた看護師さんには、スタッフから説明をしてもらっていますが、最近では堂々とななーるが目指す看護を伝えてくれるようになり、そんな姿にひそかに感動しています♬

スタッフの大きな力を実感

dcedd0d9b78a6125a82c2270a61cef69私たちは日々、利用者さんから多くの学びをいただいていますが、最近うれしいことがありました。
入院中、尿閉でバルンを挿入し、抜去を試みたけれど無理だったという患者さんから、退院後のバルン管理を目的に訪問看護の依頼がありました。医師が抜去は無理だと判断した方でしたが、環境が変わると事態は変わるかもしれない!そう思った私たちは、地域の泌尿器科医に協力を依頼して、抜去を試みることにしました。私が知らないうちにスタッフ同士が相談し、家族と連携を取って昼夜を問わず駆けつけられる環境を整えてトライ!!
夜間にスタッフから「バルン抜けました!自尿出ています!」という報告!ご本人はもちろん、家族やスタッフも大喜び・・・。これは「諦めてはいけない」という学びとともに、スタッフの大きな力を実感した出来事でした。

着実に成長していると感じています

IMG_2514ななーるは、7つのクレドを掲げていますが、その1つに「チャレンジする勇気」というものがあります。私たちは「利用者さまの声にならない声をすくい出し、安全を護りながら希望が叶えられる支援を深く検討します」という約束を示してしていますが、今回の出来事は、そのクレドに沿った行動として、スタッフたちを称えたいと思います。
また、イベントも複数実施しました。
郵便局で健康相談>>>

大阪大学とのコラボで哲学カフェ>>>

たくさんの経験を積み重ねながら、ななーるは、着実に成長していると感じています!!

※ななーるの看護を見学に来ませんか?(お問い合わせはメールで info@nana-r.jp