生活に活力を与えられるように


患者さんのベッドサイドが大好きだった

子どものころからおせっかいだった私は、漠然と人を助ける仕事をしたいと思うようになりました、そして将来の職業を決めるときには、女性が自立できる職業だという理由から、看護師を目指すことに決めました。看護師になってからは、忙しい中で、患者さんのベッドサイドで話をするときが一番大好きな時間でした。
「ずっと看護師を続けたい」と思っていたのですが、看護師になってすぐに縁あって結婚することになり、妊娠を機に退職し、しばらくは子育てに専念することになりました。子育て中は「早く復帰したい!」と思いながらも、次の子どもを授かったりして、なかなか復帰できず歯がゆい思いの数年間を過ごしていました。

学生時代から興味があった訪問看護

「復帰するときは訪問看護」というのは、自分の中で決めていました。それは、学生時代の講義で在宅看護に魅力を感じ、実習では病院とは違う患者さんの安心した表情に触れ、生活の中に入って看護出来るようになりたいという思いがあったからです。
やっと復帰できる状態になったので、訪問看護を始めようと思ったのですが、看護師経験が少ないうえにブランクもあり、不安だらけの復職です。だから「教育」にこだわって訪問看護ステーションを探しました。そしてななーるのホームページを見て、所長が元看護教員ということを知り、「ここなら未熟な私も受け入れてもらえるかもしれない」「ここなら成長できそうだ」と思ったのが、ななーるを選んだ理由です。見学に来た時には、アットホームな雰囲気に緊張が解れ「ここで働きたい!」と思いました。

生活に活力を与える存在になりたい

訪問看護師としての目標は、その人の生活が少しでも楽しくなることを考えたり、その人の生活に活力を与えたりできる存在になることです。そのためには、信頼していただくことが必要なので、経験を積み、勉強して知識を高め、誠実な態度で利用者さんにかかわっていきたいと思います。
また、子育てを経験して得たこともたくさんあるので、それを看護に活かすことも大切にしたいです。そして子どもの成長と一緒に、私も成長できるよう頑張りたいと思います。

村田 都(看護師)