主催勉強会(Vol.5認知症スクリーニング)

2019年9月5日(木)
定例の認知症勉強会Vol.5
今回は日常会話式認知症スクリーニングCAND y開発メンバーの大庭先生をゲストに迎えて話題提供いただきました。
認知症のスクリーニングは、認知症だと確定することが目的でなく、その人の持てる力を正しく査定してポジティブに関わる手段にしたいと考えます。会話をすることのきっかけにもなるこのツールを有効活用したいです。
http://cocolomi.net/candy/


9月5日勉強会お知らせ>>>

認知症を早期に発見し、適切な治療や支援につなげることは有意義ですが、テストが非日常の質問であり、患者さんに不信感を与えることが懸念されるため、日ごろの関わりの中では敬遠されがちです。もっと自然に、日常会話を通して客観的に判断し、認知症のスクリーニングができたらいいなと思いませんか?今回は、日常会話式認知機能評価(CANDy)の開発者の1人である、大庭 輝先生をゲストに迎え、日常会話を通してスクリーニングを行う評価指標の紹介とともに、認知症アセスメントにおける課題や疑問を出し合い、意見交換を通してその解決を目指します。

申込はこちらから>>>