看護師のみなさんに伝えたい想い

命を護りながら生活を支えられるのが看護の専門性だと思う

katsuma-214x300医療の場が、病院中心から在宅中心へとシフトしている今、看護師が患者さんに退院指導をさせていただく時間が奪われています。だから「病院でやり残した看護を訪問看護に引き継ぐ」という発想で、病院の看護師と訪問看護師がひとつのチームになって患者さんを回復に導くことが必要だと思います。

また命を護りながら生活を支えられるのが看護の専門性であり、疾患や障がいを持ちな がら暮らす人たちに、命を護れる安心感を与えながら、生活を支える身近な存在となることが訪問看護師の役割だと考えます。

24時間365日人の生活に休みはなく、生活を支える訪問看護も休むことは許されないため、私たちななーる訪問看護ステーションの看護師は、看護に使える時間を出し合い、切れ目のない看護が提供できるよう手をつないで共に歩み、たくさんの素敵な看護のストーリーを綴っています。

 

ななーる訪問看護ステーション所長 勝眞久美子
%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab