学び合える風土づくりにこだわります

看護師の個性や特技を活かして看護の質向上に挑む

ななーるの看護師は、これまでの経験や個人のキャラクター、また個人の興味関心に応じて自分の「得意なこと」や「得意になりたいこと」を出し合います。

そして「得意」が似ているチームを作ってその内容をより深く学び合ったり、スタッフの相談役になったりすることで、個人の能力向上と、チーム全体の看護の質向上につなげています。

毎年自分の看護を振り返り成長実感と目標設定

また年に一度、自分の看護実践を振り返り、チーム全体に発表する機会を作ることで自己の成長を実感し、更なる目標設定へとつなげます。