認知症ケア

認知症ケアについては、大阪大学大学院医学系研究科老年看護学教室の先生方との連携により、エビデンスに基づいた在宅における認知症ケアの構築を目指しています。研究結果を実践し、実践をまた研究にのせながら、個人に対するケアの提供はもちろんのこと、認知症があったとしても、望む暮らしが営める地域づくりに貢献したいと考えています。


ななーるに協力いただく老年看護学教室の先生方

大阪大学大学院医学系研究科 保健学専攻
看護実践開発科学講座 老年看護学教室

教授 竹屋 泰先生
准教授 山川みやえ先生
助教 糀屋絵理子先生


いただいたメッセージ

お年寄りは幸せか?ということを考え続け、それを達成できるように絶え間ない努力をする、それが老年看護学におけるミッションです。そのためには、科学的な根拠や論理的な思考を実践で表現できるようにすることが不可欠です。 このななーる訪問看護developmental centreは、さまざまなコラボレーションによって老いをポジティブなものに変えていける場であり、高齢者ケアのフロントランナーを輩出する日本唯一の地域の教育研究機関です。



  • デフォルト画像

    現在、新しい記事を執筆中

    現在、新しい記事を執筆中です。いましばらくお待ちください。