ななーるの看護

看護とは、看護師のかかわりで生命力を惹き出すことだと考えています。

事業所管理者 勝眞久美子( 看護師 介護支援専門員)
ななーる訪問看護ステーションのがめざすのは、「生きる」を「活きる」に導く看護。サポートが必要な方々に、ただ命を長らえ生きるご支援ではなく、生きる意味を共に考え、心を支え、気持ちに活力を与えるご支援をめざします。
そのため当ステーションの看護師には、身体の状態を判断する力とともに、相手の様子を肌で感じる感受性を育てる教育に力を入れています。
「最期まで自分らしく活きていたい」そんなご希望があれば、どうぞ私たちにご相談ください。
%e6%89%80%e9%95%b7

科学的な根拠を常に考え、最先端の訪問看護を追求しています。

看護管理者 佐々木早苗(看護師)
人は心身がどんな状況であっても、最期まで意思を持ち続けているものだと考えます。意思決定の支援を大切にしたいから、私たちは対話を重視して思いを惹きだすところから看護を始め、その人が望む生き方の実現をチームで支えています。
また「ななーるに頼んでよかった」と思っていただけるよう看護の質向上にこだわり、研究者との協働で最先端の訪問看護を追求しています。

ストーリーボタン

どんな状態でも自宅で暮らし続けられるように

井上知子(看護師・保健師)
病院では、患者さんが退院するとき、自宅での暮らしを希望しても、医療者が無理だと決めつけてしまったたり、ご家族の不安が大きくご本人が諦めてしまったりして、家に帰るという選択肢がなくなるもどかしさを感じることがあり、在宅療養を支える看護師になりたいと思いました。訪問看護師の役割は、体調だけでなく、ご本人とご家族を精神的に支え、希望があればどんな状態でも自宅で暮らし続けられるようサポートすることだと考えながら日々の看護に挑んでいます。

「タイムリーに伝え、すぐ動く!」をモットーに

藤澤佳代(看護師
生活の場で、その人が望む暮らしや最期の迎え方を支えたくて、訪問看護を始めました。
訪問時には、利用者さんの望みや願いを伺い、それをスタッフやご家族に伝えながら、同じ思いを持つ看護師たちと協力して、みんなの手でその実現を支えたいと思っています。
「タイムリーに伝え、すぐ動く!」をモットーにして、みんなが笑顔になれる看護を心がけてまいります。
ストーリーボタン

 

的確なアドバイスができるように

高原聡子(看護師)

若いころは、患者さんが苦しむ姿や不安を口にされた時、どう対応していいのかわからず戸惑うことが多い日々でした。患者さんへの対応に、後悔することもたくさんあります。
子育てを経験した今、少し成長した自分を試してみたいと思って訪問看護にチャレンジ。利用者さんと向き合って、利用者用さんの生活を中心に考え、的確なアドバイスができる訪問看護師になりたいと思います。

的確なアドバイスができるように

角谷稔子(看護師・保健師)

訪問看護は自分一人でご自宅に行くため、自分がその方の可能性に気付かなければ前に進めず、気づくことができたらサポートは広がっていくのだと思います。
アセスメントする力を養って、利用者さんが望む生活に近づけられる方法を考えたいと思います。

看護の力でよい方向に導けるように

鶴留麻衣子(看護師)

私の目標は、良き相談相手となり、人生のサポーターのような存在になることです。満足と安心を感じていただけるような看護を心がけながら、利用者さん一人ひとりと向き合い、じっくりお話をして、ご本人やご家族の目線でどうしたらもっと良くなるかを一緒に考えたいと思います。そして医療とともに看護の力でよい方向に導くことが出来たら嬉しいです。

ホッとするような関わりをめざして

藤本有紀(看護師)

どんな病気であっても、たとえ寝たきりで会話が出来なくても「どうしたらその人がその人らしい生活を送ることができるのか?」を一緒に考え、それをそっと支えていける存在でありたいと思います。またご家族の不安な思いを聴くことで気持ちがホッとするような関わりが出来たら嬉しいです。

 

生活に活力を与える存在になれるよう

村田 都(看護師)

訪問看護師としての目標は、その人の生活が少しでも楽しくなることを考えたり、その人の生活に活力を与えたりできる存在になることです。
そのためには、信頼していただくことが必要なので、経験を積み、勉強して知識を高め、誠実な態度で利用者さんにかかわっていきたいと思います。
ストーリーボタン

一緒に目標をみつけて、その実現を支えたい

篠原まみ(看護師)

高齢の方々は、自分で目標を見つけることが難しいもですが、訪問看護が介入することで、自ら希望を口にできるサポートが出来たらうれしいと思っています。
利用者さんの「こんな生活がしたい」という目標を一緒に見つけて、ご家族や多職種と協力し合い、その実現を支えていきたいと思います。
ストーリーボタン

家族との間を埋める存在になりたい

溝畑なおみ(看護師・保健師)

誰もが、他人には言えても家族には言いにくいことってあるのではないでしょうか。そんなとき、信頼して心を開いて話せたり、任せられる相手がいたりすると気持ちが楽になると思いますが、そんな存在に私がなれたら嬉しいです。
身内と同じくらい親身になって一緒に考えることで信頼を得て、安心して任せていただける存在になることで、家族とご本人の間に空いた穴にはまれるような看護師を目指しています。
ストーリーボタン

研究者との協働で最先端の訪問看護を追求しています

重度心不全の方のQOLを支えるために

博士(看護学)関口亮子(看護師・保健師)

私は、心不全治療を受けながら生活する方への看護支援の研究を重ねながら、訪問看護にも携わっています。実践と研究を並行している自分の役割は、臨床の現場と研究とをつなぎ、看護の質向上に貢献することだと考えています。心不全の方への生活をサポートし、症状が悪くなる兆候を見逃さず適時に治療につなぐことで、心臓の機能低下や長期入院による弊害を予防できるよう、チーム全体のボトムアップに取り組んでいきたいと思います
※大阪大学医学部保健学科 招へい研究員
※千葉大学大学院看護学研究科博士後期課程修了

ストーリーボタン

一人ひとりの自分らしい生活を支援するために

修士(看護学)大濱悦子(看護師)

私は地域で生活している方々の生活の質を高めるという視点で研究活動を行いながら、訪問看護に携わっています。訪問看護師として実際に一人ひとりの利用者さんに看護を提供するというミクロの視点と、研究というマクロな視点の双方から訪問看護を考えることで、提供する看護の質の向上をめざしています。そして、これらの視点をチーム全体で共有できるよう、チーム内のコミュニケーションを大切にしながら取り組んでいきたいと思っています。
※大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻博士後期課程

病院と地域・在宅を繋ぎ、望む生き方を支えたい

修士(看護学)糀屋絵理子(看護師・保健師)

私は「疾患を持ちながらも、自分らしく自宅で生活するためにはどのような看護が必要か」、この視点を元に在宅医療の研究を行いながら、訪問看護の実践に取り組んでいます。
病院で治療した後、住み慣れた環境であっても療養しながらの生活は不安や問題を抱えることがあると思います。その時、すぐに傍で支えることができ、自宅での安定した暮らしを一緒に目指せるような、身近な医療者になれたら嬉しいと思います。
※大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻博士後期課程

看護の質向上に向けたサポート体制

認知症ケアを根拠に基づき実践できるように

認知症ケア特任講師
博士(看護学)樋上容子(看護師・保健師)

私は「認知症ケア」を主軸に、地域のコミュニティづくりなどを通して高齢者のみなさまの自律した生活を支援していきたいと考えています。
認知症の方は、薬物療法だけに頼らず、毎日の生活リズムや環境を整えることで、症状が大きく変わることもあります。看護師の眼で生活全体を捉えた適切な支援の実践で、生きづらさを緩和して自分らしい生活を送る支援が出来るよう、最新の研究データを用いて質の高い看護の創造をめざします
※大阪医科大学看護学部 専任講師
※大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻博士後期課程修了

ストーリーボタン

サポート看護staff

生活の質を高めていただく援助にむけて

staff5緋田裕美子(看護師・リンパ浮腫療法士)
がん治療の後遺症として、リンパの流れが滞って、手足がむくみ、生活しづらくなることがあります。放置すると手足が動かしにくくなったり、感染して体調不良につながったりすることから、私たちは看護師のケアで、悪化を予防していきたいと考えています。
症状による様々な苦痛を緩和し、 生活の質を高めていただく援助が提供できるよう、努めて参ります。

 

 

心と体の痛みの緩和をご支援させていただきます

自宅療養をされている方の中には、心や体に痛みをお持ちの方がたくさんおられます。
そんな方々が、痛みを我慢して辛い日々を過ごすのではなく、痛みを上手に和らげて、残りの人生を有意義に暮らしていただけるようサポートするのが、私たちの看護です。心の痛みは身体の痛みに大きく影響することから、私たちは心の癒しにも力を入れて、看護させていただこうと考えています。

 

重度障がいを持つ方(児)への看護にも力を入れます

重度の障害を持ち、常に医療的ケアが必要な方やお子さまへの看護にも力を入れています。

訪問看護のサービス

心理的アプローチ

自宅療養をされている方の中には、心や体に痛みをお持ちの方がたくさんおられます。
そんな方々が、痛みを我慢して辛い日々を過ごすのではなく、痛みを上手に和らげて、残りの人生を有意義に暮らしていただけるようサポートするのが、私たちの看護です。
心の痛みは身体の痛みに大きく影響することから、私たちは心の癒しにも力を入れて、独自のアプローチ法を用いて心の状態を整え、心身の健康を護ります。
アプローチ法:ナラティブ/タッチング/ミュージック/フレグランス ほか
心理バナー
心の様子をアセスメントし、その方に応じた手法を使って心理面に働きかけます。

身体的アプローチ

身体面に関しては、血圧や脈拍などの測定値だけではなく、看護師が五感を使って体の状態を観察させていただきます。
必要な医療ケアの提供はもちろん、何気ない会話の中から病変に気づき、異常を早期に発見・対処するよう努めます。
①全身の観察(バイタル測定を含む)
②異常の有無をアセスメント(必要に応じて医師に相談)
③服薬管理(飲み忘れはないか?無駄な薬を飲んでいないか?などの確認)
④栄養管理(食事量や内容のアドバイスや栄養状態のチェックなど)
⑤日常生活の援助(清潔保持や環境を整えるなど)
⑥必要に応じた医療ケア

「最期まで住み慣れた家で暮らしたい」という希望を叶えます

%e7%9c%8b%e5%8f%96%e3%82%8a%e3%80%82

「認知症看護」に力を入れています

「リハビリ」はモチベーションに着目します

%e3%83%aa%e3%83%8f%e3%83%93%e3%83%aa

身体に障がいを持ちながらご自宅で暮らす方の社会参加を支援します

%e9%9a%9c%e5%ae%b3%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88

訪問看護は、医療保険や介護保険が使えるサービスです。

詳しくはお問い合わせください。

 

利用者

自由にカスタマイズできる自費の訪問看護

料金については、ご支援内容に応じてお見積りさせていただきます。
詳しくはお問い合わせください。