ななーるの看護

看護とは、看護師のかかわりで生命力を惹き出すことだと考えています。

常務取締役 勝眞 久美子( 看護師 )
ななーる訪問看護ステーションのがめざすのは、「生きる」を「活きる」に導く看護。サポートが必要な方々に、ただ命を長らえ生きるご支援ではなく、生きる意味を共に考え、心を支え、気持ちに活力を与えるご支援をめざします。
そのため当ステーションの看護師には、身体の状態を判断する力とともに、相手の様子を肌で感じる感受性を育てる教育に力を入れています。
「最期まで自分らしく活きていたい」そんなご希望があれば、どうぞ私たちにご相談ください。
%e6%89%80%e9%95%b7

科学的な根拠を常に考え、最先端の訪問看護を追求しています。

看護管理者 佐々木 早苗(看護師)
人は心身がどんな状況であっても、最期まで意思を持ち続けているものだと考えます。意思決定の支援を大切にしたいから、私たちは対話を重視して思いを惹きだすところから看護を始め、その人が望む生き方の実現をチームで支えています。
また「ななーるに頼んでよかった」と思っていただけるよう看護の質向上にこだわり、研究者との協働で最先端の訪問看護を追求しています。

平成8年 聖マリアンナ医科大学附属看護専門学校卒業
聖マリアンナ医科大学附属病院ほかでの勤務を経て平成29年入職

ストーリーボタン

どんな状態でも自宅で暮らし続けられるように

井上 知子(看護師・保健師)
病院では、患者さんが退院するとき、自宅での暮らしを希望しても、医療者が無理だと決めつけてしまったたり、ご家族の不安が大きくご本人が諦めてしまったりして、家に帰るという選択肢がなくなるもどかしさを感じることがあり、在宅療養を支える看護師になりたいと思いました。
訪問看護師の役割は、体調だけでなく、ご本人とご家族を精神的に支え、希望があればどんな状態でも自宅で暮らし続けられるようサポートすることだと考えながら日々の看護に挑んでいます。
平成27年 大阪府立看護大学卒業
市立豊中病院での勤務を経て令和1年入職
目標)排泄ケアに強くなりたい

活き活きとした人生になるよう援助したい

古井 知香(看護師)
私が訪問看護を選んだのは、利用者さんと一対一で関わり、その方にとって何がベストなのかを考えた看護ができると思ったからです。
ご自宅は安心出来る環境ではありますが、病状によっては不安になることがあるかもしれません。私はそんな不安を和らげられるように考え、生きがいとなれるようなものを一緒に見つけ、活き活きとした人生を援助したいと思っています。利用者さんにとって、安心できる心のよりどころになり、生きがいとなるものを全力で援助できるよう頑張ります!
平成29年 大阪保健福祉専門学校卒業
国立循環器病研究センターでの勤務を経て令和2年入職
目標)終末期ケアに強くなりたい

自宅で自分らしさを発揮してほしい

藤澤 実和(看護師
治療が落ち着いた方々に、その先の長い療養生活を家族含めてサポートしたいと思って訪問看護をしています。
ご自宅は今まで暮らしてきた家だからこそ、その人らしさが詰まっている素敵な場所だと思います。そのご自宅で、その人らしさが発揮出来れば力も湧いてくるのではないでしょうか。私が身近な存在となり、ご本人の意思を尊重し、その人らしさが最大限に発揮できる暮らしをお手伝いしながら、持てる力を引き出せる看護をしたいと思います。
平成30年 神戸大学医学部保健学科卒業
刀根山医療センターでの勤務を経て令和2年入職
目標)呼吸器疾患を持つ方への看護に強くなりたい

自宅や家族はその人の「活きる力」になると思う

内薗 穂美(看護師
コロナ禍の中、病院や施設では面会の制限をされました。その中で、自宅や家族はその人にとって「活きる力」になると思うような体験をする事が多くあました。そんな姿を見てるうちに、その手助けをしたいという思いが強くなり、訪問看護師になりました。

ご自宅で、その人の事だけを思い、考え、家族を含めてサポートし、その人にとって最善の看護を提供したいと思います。

平成12年 岡波看護専門学校卒業
河内総合病院他での勤務を経て令和2年入職
目標)認知症の方への看護に強くなりたい

個別性を大切にした看護がしたい

大森 伶奈(看護師)
学生のころから訪問看護に憧れて、病院での経験を7年積んで訪問看護を始めました。
人に寄り添い、個性に応じて看護出来るのが訪問看護の魅力だと思います。背景が異なるひとりひとりの利用者さんにしっかり向き合い、個別性を考えながら看護をするのが私の目標。家族の思いにも目を向けてサポートできるよう頑張ります。

平成26年 大阪府立看護大学卒業
大阪国際がんセンターでの勤務を経て令和3年入職

希望や思いを惹きだせる存在になりたい

上野 ゆり(看護師)
病院で過ごす患者さんの中で、最期を自宅で過ごすという選択は素敵だと思い、その選択を支えたくて訪問看護師になりました。
看護の関わりの中から、その人が何を大切に、何をしたいのかという希望や思いを惹きだせるようになりたいと思っています。そしてその希望を叶えるためにご本人や家族と一緒に考え、その人の人生を支えられる存在になれたら嬉しいです。

平成22年 藍野大学短期大学部第2看護学科卒業
彩都友紘会病院ほかでの勤務を経て令和3年入職

より良い在宅生活が送れるように

坪田 満子(看護師)
一人ひとりが自分らしく生きるための関わりがしたくて訪問看護を始めました。
マイナスをプラスに転換するのが私の取り柄! そんな取り柄を活かしてポジティブに考え、ご本人はもちろんご家族のちょっとした問題点や不安・ニーズに気づいてほかのスタッフや多職種と連携しながら、より良い在宅生活が送れるように関わっていきたいです。

平成10年 国立療養所富山病院附属看護専門学校卒業

国立国際医療センターほかでの勤務を経て令和3年入職

 

看護の力でよい方向に導けるように

鶴留 麻衣子(看護師)

私の目標は、良き相談相手となり、人生のサポーターのような存在になることです。
満足と安心を感じていただけるような看護を心がけながら、利用者さん一人ひとりと向き合い、じっくりお話をして、ご本人やご家族の目線でどうしたらもっと良くなるかを一緒に考えたいと思います。そして医療とともに看護の力でよい方向に導くことが出来たら嬉しいです。

平成19年 住友病院附属高等看護学院卒業
住友病院ほかでの勤務を経て令和1年入職
目標)消化器疾患やストマケアに強くなりたい

生活に活力を与える存在になれるよう

村田 都(看護師)

訪問看護師としての目標は、その人の生活が少しでも楽しくなることを考えたり、その人の生活に活力を与えたりできる存在になることです。
そのためには、信頼していただくことが必要なので、経験を積み、勉強して知識を高め、誠実な態度で利用者さんにかかわっていきたいと思います。

平成20年 住友病院附属高等看護学院卒業
住友病院での勤務を経て平成30年入職
目標)清潔ケアのスペシャリストを目指したい
ストーリーボタン

思いやりの心をもって誠実に

望月 由佳里(看護師

入院していると退院がゴールとなりますが、人々にはその後の生活があり、病気を抱えながら自宅で生活するのは不安が伴うと思います。
そんな人々に対して、住み慣れた家で安心して暮らし続けていただけるように、利用者さんやそのご家族を自分のこととして考え、思いやりの心をもって誠実に接していけたらと思っています。

平成14年 愛仁会看護助産専門学校卒業
愛仁会高槻病院ほかでの経験を経て令和2年入職
目標)創傷ケアに強くなりたい

良き相談相手となれるように

玉那覇 千愛(看護師
病院は治療が目的なこともあり、面会や行動が制限されることで精神的にも落ち込む患者さまを多くみてきました。訪問看護師になったのは、患者さまが「その人らしさ」を取り戻し、安心して暮らせる自宅で、家族や、時にはペットと一緒に生活していくサポートをしたいと思っからです。
患者さまやご家族の良き相談相手となれるように精進してまいります。

平成22年 大阪厚生年金看護専門学校卒業
兵庫医科大学病院ほかでの経験を経て令和2年入職

一緒に目標をみつけて、その実現を支えたい

篠原まみ(看護師)

高齢の方々は、自分で目標を見つけることが難しいもですが、訪問看護が介入することで、自ら希望を口にできるサポートが出来たらうれしいと思っています。
利用者さんの「こんな生活がしたい」という目標を一緒に見つけて、ご家族や多職種と協力し合い、その実現を支えていきたいと思います。

平成14年 大阪市立大学看護短期大学部卒業
アール訪問看護ステーションほかでの勤務を経て平成30年入職
目標)神経疾患の方への看護に強くなりたい

ストーリーボタン

家族との間を埋める存在になりたい

溝畑 なおみ(看護師・保健師)
他人には言えても家族には言いにくいことを信頼して心を開いて話せたり、任せられる相手がいたりすると気持ちが楽になると思います。私はそんな存在に私がなれたら嬉しいと思っています。
身内と同じくらい親身になって一緒に考えることで信頼を得て、安心して任せていただける存在になることで、家族とご本人の間に空いた穴にはまれるような看護師を目指しています。

前向きに生きるサポートをしていきたい

糸井 瑠美(看護師 保健師)
私は病気を持ちながら、ご自宅で生活することの不安を少しでも和らげることができる存在になりたいと思っています。利用者の方お一人お一人と向き合い、日常のちょっとした悩みでも相談していただけるような信頼関係を築けるよう努めながら、その人らしく前向きに生きていくためのサポートをしていけるように頑張ります。

平成29年  滋賀県立大学 人間看護学部卒業
京丹後市立弥栄病院での経験を経て令和2年入職

共に考え寄り添いながらサポートしたい

山川由香(看護師)
利用者さんが長年住み慣れたお家で過ごすことを支える看護がしたいと思っています。
望まれていることを共に考え寄り添いながらサポート出来たら嬉しいです。

平成 年  卒業
病院での経験を経て令和2年入職

根拠をもってタイムリーに対応したい

松浦陽香(看護師)

日々の関わりのなかで利用者さんやご家族が望まれていることを感じ取り、科学的な根拠に基づきタイムリーに対応できるような看護がしたいと思っています。

平成20年  島根県立大学短期大学部看護学科卒業
兵庫医科大学病院ほかでの経験を経て令和3年入職

想いに寄り添う看護がしたい

城山麻希(看護師 保健師)

利用者さんやその後ご家族が安心して自宅で過ごせるように、想いに寄り添う看護がしたいと思います。そのために、ゆっくり話すことを大切にします。

平成20年 三重大学医学部看護学科卒業
三重大学医学部附属病院ほかでの経験を経て令和3年入職

本当に必要な看護を届けたい

谷本亜樹(看護師)

訪問看護を始めたのは、生活に近い場所で看護がしたいと思ったから。その人に本当に必要な看護が安心して受けられる環境を作りたいと思います。

平成21年  西宮市医師会看護専門学校卒業
星ヶ丘厚生年金病院ほかでの経験を経て令和3年入職

利用者さんの笑顔をつくりたい

中上明惠(看護師)

地域で人とのかかわりを持ちたいと思ったのが訪問看護を始めた動機。私が訪問することで利用者さんの笑顔が自然に湧き出すような看護を目指しています。

平成19年  星ヶ丘厚生年金保健看護専門学校卒業
星ヶ丘厚生年金病院ほかでの経験を経て令和3年入職

想いを表出してもらえる関係が築けるように

宝福麻衣子(看護師)
まずは笑顔で元気に訪問させていただくことを大事に、その上で利用者さんが何を望まれているのか、何を必要とされているのかを見極め、私に何が出来るのかを常に考えていきたいです。想いを表出してもらえる関係性が築けるように努めます。
平成17年 藍野医療福祉専門学校 卒業
藍陵園病院他での経験を経て令和3年入職

住み慣れた場所で、思いを大切に

高井 悠花(看護師 保健師)

住みなれた家、住みなれた町で、自分らしく過ごす。誰にとってもその当たり前の日常をそっと陰で、時には力強く支え/h3>る存在になりたいと思っています。また、アドバンスケアプランニングを通じて、利用者さんとご家族さんの価値観を大切にし、「本人の希望」が常に尊重されるよう、寄り添っていきたいです。

希望や思いというのは一つではないかもしれないし、迷いもあるし、心身の変化によって変わってゆくこともあるかもしれません。ゆっくりと、大切な思いをお聞かせください。

平成27年  神戸大学医学部保健学科卒業
神戸大学医学部附属病院ほかでの経験を経て令和3年入職大阪大学大学院医学系研究科在学中

専門家との協働で最先端の訪問看護を追求しています

終末期も安心して自宅で暮らせるように

坂井友紀(日本看護協会 緩和ケア認定看護師)

緩和ケアとは、心と身体の苦痛を和らげ、その人らしい生活が送れるようサポートすることです。私は緩和ケア認定看護師として、痛みや呼吸苦など身体面の辛さ、不眠や不安などの気持ちの辛さを緩和する方法を学び、経験を積んできました。終末期になってもご自宅で安心して過ごすためには苦痛のコントロールは必須です。スタッフと協働しながら、利用者さんの苦痛が緩和できるサポートを一緒に考えたいと思います。

平成14年  広島大学医学部保健学科卒業
大阪大学医学部附属病院での経験を経て令和3年入職

重度心不全の方のQOLを支えるために

博士(看護学)関口 亮子(看護師・保健師)※教育担当者

私は、心不全治療を受けながら生活する方への看護支援の研究を重ねながら、訪問看護にも携わっています。実践と研究を並行している自分の役割は、臨床の現場と研究とをつなぎ、看護の質向上に貢献することだと考えています。心不全の方への生活をサポートし、症状が悪くなる兆候を見逃さず適時に治療につなぐことで、心臓の機能低下や長期入院による弊害を予防できるよう、チーム全体のボトムアップに取り組んでいきたいと思います。

平成12年千葉大学看護学部卒業
国立循環器病研究センターでの勤務を経て進学
平成24年 千葉大学大学院看護学研究科博士課程修了(博士:看護学)
大阪大学医学部保健学科の教員を経て平成30年入職
目標)心不全看護の質向上をサポートしたい

ストーリーボタン

臨床現場と研究の双方の視点から難病支援に挑みたい

修士(看護学)石川 武雅(看護師・保健師)
私は難病、特に神経難病を持つ人々の支援について研究をおこないながら、訪問看護に携わっています。疾患とともに生活する人々にとって、地域でのサポートは必要不可欠であり、特に難病を持つ人々は医療依存度が高いことも多いです。そういった方々が在宅で生活するうえで、訪問看護の役割は大きいと感じています。難病支援は、疾患の希少性や特殊性からまだまだ未開拓な部分が多い分野。臨床現場と研究双方の視点から、難病を持つ人々が安心して生活できるよう取り組みたいと思っています。

平成27年 三重大学医学部保健学科卒業
三重大学医学部附属病院での勤務を経て進学
令和2年 三重大学大学院医学系研究科博士前期課程修了し、令和2年入職
現在大阪大学大学院医学系研究科博士後期課程に在学し、難病患者のコミュニケーションについて研究中
日本難病看護学会認定 難病看護師
目標)難病看護の質向上をサポートしたい

訪問看護をたくさんの人に知っていただくために

小玉 伽那(看護師)事業運営アシスタント 広報担当

私は、訪問看護に興味のある看護師、看護学生、医療関係者、利用者や地域住民のみなさまに向けて、訪問看護とはどんなものなのか、ホームページを通して発信しています。
大学で研究している、訪問看護と病院との情報共有や訪問看護記録のあり方について自分自身も学びながら、わかりやすくお伝えできるよう、頑張ります

平成30年 大阪大学医学部保健学科卒業
令和2年 大阪大学大学院医学系研究科修士課程修了し、令和2年入職
現在、大阪大学大学院医学系研究科博士課程に在学し、看護業務を支援する情報システムについて研究中

看護を支えるSTAFF

安心してご連絡いただける事業所にむけて

上月 沙代(事業管理アシスタント)
私は役員のアシスタント秘書として、管理業務のサポートとともに、看護師が看護に集中できるよう内勤にて庶務全般を担っています。
私の役割は、利用者さまや関係機関のみなさまと看護師との橋渡し。ルーチン業務だけではなくスタッフが働きやすい事業所づくりに努めるとともに、利用者さまや関係機関のみなさまには安心してご連絡いただけるような、事業所づくりを行っていきます。

みなさまの身近な存在になれるよう

鈴木菜穂(地域連携室

ななーる訪問看護ステーションは、地域のみなさまとの密な関わりを大切にしたいと考え、地域住民が気軽に集まれるイベントや勉強会などさまざまな繋がる活動をしています。地域連携室>>>

私はそんな活動の企画・運営者として、訪問エリアのケアマネージャーや地域福祉関係者、地域住民の方々と連携を深める役割りを担当しています。私が関わることで、ななーるが身近な存在となり、気軽に声をかけていただけるようになれたら嬉しいと思います。

看護の質向上に向けたサポート体制

認知症ケアを根拠に基づき実践できるよう

認知症ケア特任講師
博士(看護学)樋上 容子(看護師・保健師)
認知症の方は、薬物療法だけに頼らず、毎日の生活リズムや環境を整えることで、症状が大きく変わることもあります。看護師の眼で生活全体を捉えた適切な支援の実践で、生きづらさを緩和して自分らしい生活を送る支援が出来るよう、最新の研究データを用いて質の高い看護の創造を支援します。
※大阪医科大学看護学部 専任講師
※大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻博士後期課程修了

生活の質を高めていただく援助にむけて

staff5緋田 裕美子(看護師・リンパ浮腫療法士)
がん治療の後遺症として、リンパの流れが滞って、手足がむくみ、生活しづらくなることがあります。放置すると手足が動かしにくくなったり、感染して体調不良につながったりすることから、看護師のケアで、悪化を予防していきたいと考えています。
症状による様々な苦痛を緩和し、 生活の質を高めていただく援助が提供できるよう、スタッフを支援します。

 

心と体の痛みの緩和をご支援させていただきます

自宅療養をされている方の中には、心や体に痛みをお持ちの方がたくさんおられます。
そんな方々が、痛みを我慢して辛い日々を過ごすのではなく、痛みを上手に和らげて、残りの人生を有意義に暮らしていただけるようサポートするのが、私たちの看護です。心の痛みは身体の痛みに大きく影響することから、私たちは心の癒しにも力を入れて、看護させていただこうと考えています。

訪問看護のサービス

心理的アプローチ

自宅療養をされている方の中には、心や体に痛みをお持ちの方がたくさんおられます。
そんな方々が、痛みを我慢して辛い日々を過ごすのではなく、痛みを上手に和らげて、残りの人生を有意義に暮らしていただけるようサポートするのが、私たちの看護です。
心の痛みは身体の痛みに大きく影響することから、私たちは心の癒しにも力を入れて、独自のアプローチ法を用いて心の状態を整え、心身の健康を護ります。
アプローチ法:ナラティブ/タッチング/ミュージック/フレグランス ほか
心理バナー
心の様子をアセスメントし、その方に応じた手法を使って心理面に働きかけます。

身体的アプローチ

身体面に関しては、血圧や脈拍などの測定値だけではなく、看護師が五感を使って体の状態を観察させていただきます。
必要な医療ケアの提供はもちろん、何気ない会話の中から病変に気づき、異常を早期に発見・対処するよう努めます。
①全身の観察(バイタル測定を含む)
②異常の有無をアセスメント(必要に応じて医師に相談)
③服薬管理(飲み忘れはないか?無駄な薬を飲んでいないか?などの確認)
④栄養管理(食事量や内容のアドバイスや栄養状態のチェックなど)
⑤日常生活の援助(清潔保持や環境を整えるなど)
⑥必要に応じた医療ケア

「最期まで住み慣れた家で暮らしたい」という希望を叶えます

%e7%9c%8b%e5%8f%96%e3%82%8a%e3%80%82

「リハビリ」はモチベーションに着目します

%e3%83%aa%e3%83%8f%e3%83%93%e3%83%aa

身体に障がいを持ちながらご自宅で暮らす方の社会参加を支援します

%e9%9a%9c%e5%ae%b3%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88

訪問看護は、医療保険や介護保険が使えるサービスです。

詳しくはお問い合わせください。

 

利用者

自由にカスタマイズできる自費の訪問看護

料金については、ご支援内容に応じてお見積りさせていただきます。
詳しくはお問い合わせください。