ステーション名を決定し、スタッフも集まってくれています

ステーション名が決まりました

DSC01142今週は、暫定的に使っていた「テキックス訪問看護ステーション」という名称を改め、正式なステーションの名前を決定しました。決めたのは「ななーる訪問看護ステーション」。

当初からステーション名には、ラッキー7を使いたいと考えていました。
ななーるとは、”seven relation”を意味し、
seven→なな
relation→頭文字r→あーる、足して ’ななーる’
当ステーションは「生きる」を「活きる」に導くことをコンセプトとしています。
明日を生きて、活きて頂くために、私たちは7つの価値をつないで、きずなを深めていこうという意志を込めて名付けました。
では7つの価値とは何なのか?
それは、スタッフたちと議論を深めて決定し、 ”ななーる”を合言葉に、スタッフたちと共に社会に価値を提供していこうと考えています。

来てくれたのは前向きなスタッフばかり

1また、看護師も集まってきてくれました。みんな前向きで、自ら行動できる人たちです。
家が遠く、通勤に時間がかかるにも関わらず、当ステーションに力を貸してくれる看護師たちに、今は感謝の気持ちでいっぱい!絶対後悔させないように、「ここに来てよかった」「訪問看護を選んでよかった」と思いながら、イキイキ働けるようなサポートをしなければ・・・と、心を新たにしています。

スタッフと相談し、ユニフォームも決めました!今週末にはステーションに荷物を運びこみます。
2月には、スタッフたちの笑顔をいっぱい掲載したパンフレットとホームページを作る予定です。
4月のオープンンにむけて着実に準備が進み、ワクワク・ドキドキするばかり。
「私も少しの時間なら看護できる」「私もチャレンジしてみたい」そんな人はご連絡くださいね!