研究活動

ななーる訪問看護ステーションでは、看護師個人の経験や感覚に頼るだけでなく、研究成果や理論を活用したエビデンスに基づく看護ケアを目指しています。
また、自分たちが実践した看護の意味を見つめ直し、言語化することも目指します。
 
そして訪問看護の実践知をステーション内での共有にとどまらず社会に発信することで、訪問看護の質向上に貢献したいと考えています。
 
博士(看護学)関口(山下)亮子