基礎看護技術

ななーる訪問看護ステーションの看護師は、看護の力で療養者の持てる力を最大限に発揮させることを目標としています。
そのためには的確なアセスメントとエビデンスに基づいた知識・技術が必要です。そのため基礎看護学の研究者と連携し、学生時代に学習した看護の本質を見つめなおし、演習により技術を学びなおします。
 
在宅での療養環境は様々ですが、基礎をしっかり身に付けることで、どんな状況でも最高のケアが提供できるようになります。ここでは、学びの内容やその様子を発信していきます。

 
看護管理者 佐々木早苗